0
¥0

現在カート内に商品はございません。

RING NECKLACE DIAMOND SAPPHAIRE ALTAR


ペットの遺骨アクセサリーの作り方とは?方法から素材選びまで解説

近年ペットの死後、遺骨からアクセサリーを作る人が増えています。

遺骨アクセサリーは新しいペットの供養の方法の1つで、遺骨アクセサリーを作り手元で大事にすることで手元供養になります。

 

さて、ペットの遺骨アクセサリーはどうすれば作ることができるかご存知ですか?

加工方法によって作り方が異なり、自宅でも作ることができる方法もあります。

 

それではペットの遺骨アクセサリーの作り方から素材の選び方まで解説します。


 

ペットの遺骨アクセサリーの作り方とは?

鍵のペンダント

 

大切なペットとはいつまでも一緒にいたいですよね。

 

しかし、いつかは別れのときがやってきてしまいます。

そこでペットが旅立った後、遺骨アクセサリーを作る人が増えています。

 

ペットの遺骨からアクセサリーを作ることで、ずっと一緒にすごすことができるのです。

 

遺骨アクセサリーは手元供養という供養の方法の1つでもあります。

 

それではペットの遺骨アクセサリーの作り方についてご紹介します。


 

ペットの遺骨アクセサリーの作り方は加工方法により異なる

ダイヤモンド

 

ペットの遺骨アクセサリーの作り方は加工方法によって異なります。

主に3つの加工方法があります。

 

  • カプセル加工
  • 樹脂加工
  • ダイヤモンド加工

 

カプセル加工

カプセル加工は遺骨を納めたカプセルをアクセサリーとして使用する加工方法です。

遺骨カプセルを購入し、粉骨したペットの遺骨を入れるだけで作ることができます。

 

カプセルを購入すればすぐに作ることができる手軽さと価格の手頃さがメリットの加工方法です。

 

樹脂加工

特殊な樹脂を使って遺骨をアクセサリーに閉じ込める方法です。

樹脂加工をしてくれるお店に依頼し、作成します。

 

デザインの自由度が高く、カラーをつけたり、遺骨をデザインの一部にしたりすることも可能です。

 

遺骨の形がわかると気になる人は遺骨をパウダーにしてアクセサリーに閉じ込めるという方法もあります。

 

ダイヤモンド加工

遺骨から取り出した炭素から人工のダイヤモンドを作る方法です。

ダイヤモンドへ加工してくれるお店に依頼し、作成します。

 

メモリアルダイヤモンドとも呼ばれ、天然のダイヤモンドと同じ強度や輝きを持っています。


 

ペットの遺骨アクセサリーは加工方法によって作り方はもちろん費用や製作時間も異なります。

どの加工方法にするのかは色々な角度からメリット・デメリットを見つめ、選ぶことがおすすめです。


 

ペットの遺骨アクセサリーの作り方!素材の選び方は?

色々な指輪

 

ペットの遺骨アクセサリーを作るときに迷う人が多いのが素材の選び方です。

一言にアクセサリーといっても様々な素材があり、劣化しやすい素材や金属アレルギーの人は身に着けられない素材もあります。

 

それではもう少し詳しくペットの遺骨アクセサリーを作るときの素材の選び方についてご紹介します。


 

ペットの遺骨アクセサリーの作り方でおすすめの素材とは?

ペットの遺骨アクセサリーによく使われる素材は

  • チタン
  • ステンレス
  • シルバー
  • ゴールド

です。

 

普段のアクセサリーでも身に着けている人も多いのではないでしょうか?

それでは素材別にどんな人におすすめかご紹介します。


 

金属アレルギーの人におすすめ!「チタンとステンレス」

チタンやステンレスは医療器具としても使われている金属アレルギーを起こしにくい素材です。

耐久性が高く、傷が付きにくくサビにくいという特徴があります。

 

自分だけの風合いを出したい人におすすめ!「シルバー」

シルバーは他の金属に比べるとやわらかい素材なので使っていると傷が付いてしまうこともありますが、長く使えば使うほど自分だけの風合いを楽しむことができます。

 

酸化すると黒くなってしまうので自宅での定期的なお手入れが必要です。

 

高級感を求める人におすすめ!「ゴールド」

高純度の18Kは金属の中でも価値が高く、一生もののアクセサリーとして結婚指輪にも選ばれることが多い素材です。

上品な風合いや色合いを楽しむことができます。


 

素材によってそれぞれ特徴があります。

あなたにぴったりの素材でペットの遺骨アクセサリーを作れば、より世界にたった1つの大切な宝物になるでしょう。


 

まとめ

犬と人

 

ペットの遺骨アクセサリーの作り方は加工方法によって異なります。

自宅で作ることができるタイプから専門のお店に依頼するものまで様々です。

 

また素材によっても身に着けやすさが変わるので、ぜひあなたと大切なペットらしい遺骨アクセサリーを選択して身に着けてくださいね。


 

カテゴリ一覧

ページトップへ